スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【CS:S】『Defuse or Die Trying final』

Counter-Strike Sourceから『Defuse or Die Trying final』



このムービーひたすら忍者です。隠れてます。解除します。
こういうの見るたびにあこがれてやって見るんですが結構厳しいものがあるんですよねw

どちらかというとフラグムービーではないんですが忍者ムービー大好きなので取り上げました。

スポンサーサイト

【CS:S】『Alpen EPS』

CounterStrike:Sourceから『Alpen EPS』


このムービーは2分18秒ですが、その短さだからできるこだわりの編集がかっこよくできています。

最近は短い作品にすることによって、製作者の負担を減らしつつムービーの編集をこだわるという形のムービーがはやってるみたいですね。
それによってムービーも多く輩出なので楽しみにしてる方としては有難いです。
ただ・・・・ムービーらしきものを微妙につくったことがあるのでムービーの制作が大変なこともわかってるのもあるんですが、4分ぐらいほしいなぁという我が儘もちょっとありますw

【CS:S】『DISTORTION 1』

CounterStrike:Sourceから『DISTORTION 1』


このフラグムービー、すべて5人抜きを集めたというものなので非常に見ごたえのある作品。
対エコのときの5人抜きも入ってますが、それでも5人抜きというのは結構難しいものです。
ただ、エフェクトが結構かかってるので結構好みの分かれる作品になると思います。

【CS】 『f0rest @ EM III Global Finals』

Counter-Strikeより 『f0rest @ EM III Global Finals』


タイトルのとおりある1つの大会でのf0restのフラグシーンを集めたムービーです。
1つの大会でこれだけのシーンの結果が残せるとはさすがf0restとしか言いようが無いですね


さすがにプロの動きというのは一部とはいえ見てて勉強になります。
本当はデモを見るべきですがムービーのが楽でいいんですよね。楽しめるしw

【CS:S】『Jaro3 byk1u』

CounterStrike:Sourceより『Jaro3 byk1u』


このムービーはシーンシーンを強調したり、効果音によって強調したりと面白く仕上がってます。
また、前半は熱い曲で後半は落ち着いた曲で7分の長さをまったく退屈させない内容と感じました。
infernoのCat階段での攻防は動きが上手いとしかいいようがありません。
こういうとき、たいてい2・3人倒して下がってしまうのですがとどまり、前に出るというのは難しいです。

【CS】『bittersweet』

久々の今日はCounter-Strikeから『bittersweet』


このムービー、「えええー・・・ちょっとまてよw」っていう奇跡のようなプレイが多々あります。
わりとマッタリ風味で面白い仕上がりになってます。


さて、全然更新できなかったのは単にこの時間帯にすでに寝てたからです。
たぶん今日からは更新できるんじゃないかなぁっと思ってます。

【CS:S】『Highlife - Only the Strongest Will Survive』

Counter-Strike Sourceより『Highlife - Only the Strongest Will Survive』


さて、こちらの動画 個人的には結構好きなんですが海外の評価はちょっとイマイチです。
目立ったフラグがないせいでしょうか。
自分としては結構音楽とシンクロしててノリがいいのでお勧めです。
グロック3人抜き・DE3人抜きとちょっとインパクトにかける内容が含まれてる為に、そういう評価なのかもしれません。



全然関係ない話ですが、評価の高いフラグムービーが出るとその後に発表されるムービーがそこまで悪くないのに評価が悪かったりします。
制作者にとっては理不尽ですが、発表のタイミングも重要ですね


【CS】『Serenity』+『myANALOG』

Counter-Strikeから『Serenity』


昨日に引き続き、というかさらに短い時間の作品です。
このムービーのような雰囲気が好きなので、そうなるとどうしても短いムービーが多くなるという傾向です・・・w
短いながらに「何故そんなにAWPが当たるんだ・・・」と感じさせられます。
50秒からのnukuでのAWP4+1人抜きは、手前にいるM4の人のカバーのおかげとはいえ上手いですね。
しかし、M4の人はある意味全部フラグとられて涙目ですねw


さすがに寂しいので続いて『myANALOG』


こちらの作品も1分55秒とまた2分切の動画です。
35秒のdust2のロングでのシーン 振り向き+ジャンプ中でのHSとか相手としてはたまったもんじゃないですね・・・w

こういう静か?系のフラグムービーは長くなるとたぶんgdgdになるんでしょうね。


えいむずさんのブログAimZeroにてこのブログを紹介いただきました。
ありがとうございます。これからも紹介だけのブログですが、頑張っていきたいですw

【CS:S】『Project 1』+『Romone』

今日はCounter-Strike Sourceの『Project 1』


この作品、2分41秒と非常に短いながらも何度見ても飽きの来ない作品になってます。
フラグ自体は(言い方は悪いですが)よくあるシーンです。
ですが、使用されてる曲やシーンの魅せ方が上手く 曲のリズムの為に編集してあっても無理が無く、見やすく仕上がってると思います。
その辺と、自分の趣味にあったので紹介させてもらいました。


ちょっとひとつでは物足りない気がしたので次に『Romone』


このムービー「なんでこんなにパシ!と1発1発あたるの?」って聞きたくなるぐらいパシパシやってます。
それらのシーンのおかげでノリのいいムービーに仕上がってます。

・・・・が、1分22秒あたりのde_infernoのバナナでのシーン
コマ送りにしたんですがよくわかりませんw
どうやらプレイヤーは直前にFBを食らってるのか視界がぶれていて見づらいのですが、センター側のバナナ入り口からBサイト側を見ているっぽいのですが・・・
理解した方いたら教えてほしいです・・・w

【CS】『Oui hardcorE is Over』+おまけ

今日はCounter-Strikeから『Oui hardcorE is Over』です。


これは個人的には大好きな作品なんですが・・・このムービーを見て理解するにはまずCSなどFPSをやっていないとまず何が起こってるのかわからないと思います。
音楽にあわせてかなりはしょってフラグを合わせてあるためなんですが、前回紹介した『Erasus 2』みたくにならずにとても不思議な雰囲気を持ったすばらしい作品になってます。
それにしてもこの人の抜きが時々理解できないのがOuiらしいといえばらしいのでしょうか・・・w
ここまでkillログを見ないと何やったかわからないムービーも珍しい気がしますw
とはいっても、ムービー自体は面白いのでぜひ見て欲しい作品でもあります。


以下宣伝みたいなもの
昨日ぐらいにCounter-Strikeムービーの『Deep Dive 2 - Teaser』が発表されてました。
以前紹介した『Deep Dive』の2ということで期待してます。


【CS:S】Erasus 2

Counter-Strike Sourceから昨日でたばっかしの『Erasus 2』


紹介しといてアレですが、正直1の方がすきって方がおおいです。
知り合いの中には、「発表カウントダウンしてたのに・・・こんな出来とは・・・」といってる方もいますw
1の方にもちょっと見えるんですが、2はさらにkillしてるところだけ映してる感じになっており「はしょりすぎ」という感想をもてる気がします。

このブログで初めて微妙なやつ紹介しましたが・・・まあ有名どころってことで気にしたら負けですw

【CS】『HUSH』

Counter-Strikeから『HUSH』


negitakuでもちらっと紹介してたので知ってる方もいらっしゃるかもしれませんね。
自分は紹介される前に知り合いに「面白いのあるよー」と言われて見ました。
初めて見たときは、「こんな表現方法があるんだ・・・」と驚いた覚えがあります。
背景をすべて一色に統一したことにより、本来より見やすい感があがったかもしれません。
その為、ほんと面白いムービーにしあがってます。

ただ・・・漢字への憧れでしょうか?killログの代わりに意味も無く漢字使ったり、あんま意味もなさそうな漢字を並べていたりと・・・聞いたところによると中国のプレイヤーのムービーですらなく違う国らしいので一応漢字圏に入ってる国の人間としては苦笑いですねw
negitakuではノーコメント発言に笑いましたw

ちなみに元動画をちゃんとしたところでDLするとオマケのようなZIPがついてきます。
Passwordがかかってるんですが、Movieの中にヒントが隠れます。
詳しくは付属しているthe password.txtをお読みください。

【CS:S】『Immense』

今日はCounter-Strike: Sourceから『Immense』です。


微妙に荒れてるため、コメント無し推奨。
『Immense』は『Immense2』もでてるんですが個人的にはこちらの方がすきです。
こいう系の音楽でも見事に合わしてきてて面白く仕上がってます。
2分33秒のトレインのシーンはリズム合いすぎて気持ちいいですねw
3分52秒からのnukeのAサイトコンテナの抜きはHEがあるとはいえ、見事です。

【CS】『highland - friendship is everything』

Counter-Strikeから『highland - friendship is everything』を紹介します。


このムービーは普通に最初のフラグ自体もいいのが多いんですが、ちょっと変わってるのがVCをところどころに入れてるところです。
当事者の声などを入れてあり、AWPの壁抜き2人抜きが成功すると仲間から「VAC(チート検出ツール)BAN」など冗談をいっていたりと非常に楽しめます。
しかし、正直そっちより3分ぐらいからのムービーが本編といってしまっても差し支えの無いような気がしてしまいますw
nukeのAサイトでのコンンテナの窓に入るのをあんなにがんばっているのを見ると、かわいいですよねw
しかし、一緒に試合してる身としては「お前落ち着けよww」というかんじですが・・・
さきほど書いたVC入りなので当事者のあせった声や笑え声が聞こえて、こういうシーンのとき声入りだとこちらまで楽しめていいですね。

【CS:S】『sYnced』

Counter-Strike Sourceから有名どころの『sYnced』を紹介します。


以前紹介した『sYnced2』の前作にあたるこの作品なんですが、sYnced2よりこちらの方が好きだっていう方が多い作品だったりします。
OPからEDまで1曲で、たった3分の作品なんですがよく構成が練られているムービーになっています。
フラグが窮屈につめられてるわけでもなく、余裕を持ってほんとこれだけの内容を3分で収めたなぁと思います。
sYnced2につながっていく音楽とフラグのリンクもこの作品から見られ、さらにEDにつながっていく編集の仕方は本当に上手いです。

【CS】『Mr.Bassman Goes Hunting』

Counter-Strikeより『Mr.Bassman Goes Hunting』を紹介。


Mr.Bassmanという昔のアカペラの曲にあわせてフラグを流すというもので、他のフラグムービーとは一味違った感じをかもし出しています。
こういった表現のセンスは日本人には厳しいものがあるなぁと感じてしまったり・・・w
フラグ自体も良質で編集のおかげで非常に楽しめる動画になっています。
17秒のnukeの壁抜きは、これはたぶんBサイトからの階段解除に対する壁抜きっぽいですねw


どうでもいい事ですが、知り合いに「○○さん、ブログ始めたんすかw」とばれました。

【CS:S】『PhP WT the Reason』

今日はCS:Sから 『PhP WT the Reason』を紹介します。


今日からこの大きさで紹介します。何か不都合あったらコメントお願いします。見てる人いないかもだけども・・・w
さて、この『PhP WT the Reason』はプロチームReason-GamingのWT選手と.PhP選手の2選手のムービーです。   現在、WT選手は別のクランチームにいるようです
4分8秒あたりからのnukeでのDEでの4人抜きは出待ち体制とはいえ反応が早くさすがとしかいい様がありません。
こんなにポンポン当ててるムービーを見ると自分もこのくらい当たるんじゃないか?って思ってしまうのに実際はそんなに当たらないのが悲しいですねw

【CS】『Single Gaming Sme1ek』

今回はCounter-Strike1.6から『Single Gaming Sme1ek』を紹介します。


制作はAries-Filmsというところなんですが、まずテロリストのスキンが違うところからしてどこに力をいれてるんだwwと突っ込みたくなる動画。
無駄にかっこよく、投げナイフやらいろいろやってくれます。 実際はできないので注意
しかし、ムービーとしての質もいいので面白いだけのムービーでは無くなってます
銃声は後から編集で入れてたり、曲との合わせ方も絶妙で最初から気持ちのいいムービーになってます。
Aries-FilmsからはSingle Gaming 2も出てるのでそちらも変なところにこだわってるので注目です。
さらにSingle Gaming 3のトレイラームービーも出てるのでSingle Gaming 3にも期待です。

【CS:S】『Incorporated 2 by ClaYmaN』+『sYnced 2』

初回第2弾と題してCS:Sの方からも2個紹介させていただきます。
最近でたばっかりの『Incorporated 2 by ClaYmaN』


Incorporatedがかなりの話題となった為期待されてたIncorporated 2ですが予想を上回る出来。
AWPでの1shot3killの場面が簡単にできるんじゃない?ってぐらい多用されており非常に質のいい作品。
そして、まさかのM3での1shot4kill。
直前にHE投げてる動作があるので、ヘルスが削れてたのでしょうけど・・・・凄いとしかいいようがありません。
これ以上すごいムービーができるのだろうか とは友人の談。

そして、個人的にはIncorporatedより好きな『sYnced 2』


negitakuにも載っていましたがPlanet-video.com において、2008 年ベストムービーCS:S部門において見事1位になった作品。
4分という限られた時間にシーン数を多く入れるのではなく、質にこだわり1シーン1シーンを魅せるムービーに編集している。
よくある5人抜きなどのシーンではなくマグレのようなシーンを集め、曲のテンポとシーンをあわせ何度見ても飽きのこない作品。

【CS】『Let it rain』+『DeepDive』

初回ということでCounter-Strike1.6の方で2つ紹介させてもらいます。
まずは『Let it rain』です。


以前negitakuの方に載っていた為知っている方もいるかもしれませんね。
静かな曲にいいフラグシーンを合わせてあり、冷静を保ちながらも熱さを感じさせてくれるような印象を受けました。
dust2の雨のシーンからキリッっと晴れたinfeの切り替えが新鮮さを出してくれます。

続いて『DeepDive』


ちょっと古いムービーですがテンポのいい曲にkillシーンを合わせるなど非常に見ごたえがあります。
複数あるDEでの1shot2killのシーンをよく魅せているムービーになっています。
断片とはいえCSってそんなに当たるゲームだっけ?と思ってしまうムービーです。

このブログについて

モリゾー
name:モリゾー【量産型】

name:Soundproof/Air/bouon

このブログはSoundproofによる独断と偏見・・・・というかただ単に個人的に好きなフラグムービーを紹介していくだけのブログです。
最近までfRalaという名前でやってましたが、こっちでは公開。

基本CS1.6とCS:Sのフラグムービー紹介ですが、別ゲーでの気に入ったムービーとかあったら気にせず掲載します。
むしろSAでもSFでもQuakeでもTF2でも面白いのあったら教えて欲しいです。
「こんな面白いムービーあるよ!」「こういうタイプのムービー紹介してよ!」という意見がありましたらぜひ、お知らせください。
一応動画サイズ小さい・大きいと感じたらコメントしてくださるとありがたいです。

ちなみにムービー作成の方は90%ぐらいまで完成させたことはあります。
が、あまりの出来に「これは黒歴史化するだろ・・・」と断念しました。

何か指摘・連絡等ありましたら、左のカテゴリにあるメールフォーラムよりお願いいたします。
またスパムみたいな迷惑コメントが来た場合、コメント投稿をIPではじいています。
IPのため、奇特な善良な方?が巻き込まれてもしコメントしようとしてもはじかれてしまった場合も、メールフォーラムよりお願いいたします。


このブログで紹介したリスト
mylist/11973272
転載・UPしたリスト
mylist/11894695

プロフィール

モリゾー

Author:モリゾー
森にいるモリゾーみたいな人。つまり空気。
そんな人が紹介するフラグムービーのみのブログ
「こんな面白いムービーあるよ!」「このゲームのムービー紹介してよ!」という意見がありましたらぜひお知らせください。
一応動画サイズ小さい・大きいと感じたらコメントしてくださるとありがたいです。
このブログで紹介したリスト
mylist/11973272
転載・UPしたリスト
mylist/11894695

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
Copyright © モリゾー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。